戦術

ゲーゲンプレスとは?4つの型とメリット・デメリットを解説!

投稿日:2020年12月6日 更新日:

「ゲーゲンプレスってよく聞くけど何なの?」
「ゲーゲンプレスのメリットとデメリットを知りたい!」

本記事では、このような方に向けてゲーゲンプレスについて解説していきます。
 

ゲーゲンプレスを徹底解説!

  • ①ゲーゲンプレスとは?
  • ②ゲーゲンプレスの4つの型とメリット・デメリット

それではさっそく見ていきましょう。

①ゲーゲンプレスとは?

サッカーをよく見る人なら一度は聞いたことがあるであろうゲーゲンプレス。
ドルトムント時代にクロップ監督がゲーゲンプレスによって結果を残し、広く知れ渡るようになりました。

現在、クロップが指揮をとっているリヴァプールでもこの戦術は使われています。

そんなゲーゲンプレスですが、実は意味を間違えて覚えてしまっている人がたくさんいます。
まずは、言葉の意味を理解していきましょう。
 

ゲーゲンって?

ゲーゲンとはドイツ語で、「反対」、「対立」という意味の言葉です。
つまり、ゲーゲンプレスは「対プレス」ということになります。

多くの人は単純なハイプレスをゲーゲンプレスと勘違いしがちですが、このような違いがあるのです。
 

「ゲーゲンプレス=対プレス」の意味

「ゲーゲン」の言葉の意味がわかったところで、「対プレス」と言われてもあまりピンときませんよね。
これについて解説していきます。

対プレスというのは、カウンターを狙ってプレスをかけてくる相手への対抗策となります。
具体的には、あえて相手がボールを奪いやすい状況を作り、相手が前がかりになったところで奪い返してチャンスを作ります。

つまり、ボールを奪われた直後にかけるのがゲーゲンプレスということです。
 

②ゲーゲンプレスの4つの型とメリット・デメリット

ゲーゲンプレスには、

  • ボールホルダー型
  • マンマーク型
  • エリア型
  • パスカット型

の4つの型があります。

ここでは4つの型とそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。
 

ボールホルダー型

ボールホルダー型のゲーゲンプレスは現代のゲーゲンプレスの元となったものです。
1970年代にオランダ代表が取り入れた戦術になります。
こちらの動画をご覧ください。

ボール保持者に次から次へと選手が襲いかかっていきます。
まるで、ラグビーの試合を見ているかのようですね。
このようにボールホルダー型は、ボールホルダーに向かって徹底的にプレスをかける型になっています。
 

メリット:簡単にボールを奪える
息をつく間もない激しいプレスをかけるので、相手選手に足元の技術がなかったり、判断が遅かったりすると簡単にボール奪取できます。
 

デメリット:プレスをかわされると大ピンチ
ボールホルダー1人に対して複数人で激しいプレスをかけるので、かわされると数的不利な状況ができてしまい、大ピンチとなります。
 

昔は今ほど戦術が発達しておらず、プレスに対するトレーニングがあまり行われていなかったため有効な戦術でしたが、近年でこのプレスを採用しているチームはありません。

マンマーク型

マンマーク型のゲーゲンプレスはハインケス監督がバイエルンで使っていたものになります。
ボールに近い1、2人の選手がボールホルダーに対してプレスをかけ、その他の選手が相手選手をマンマークします。
こうすることでボールホルダーにパスを出させ、各マーカーがパスの受け手からボールを奪うという戦術になります。
 

メリット:他の型と比べて低リスク
1人の選手に対して、1人をマークとしてつけるため、数的不利なエリアはありません。
そのため、他の型より小さなリスクでゲーゲンプレスを行うことができます。
 

デメリット:ミスマッチがあると厳しい
1対1の局面が多くできるため、一箇所でもミスマッチがあると狙われてしまいます。
 

エリア型

エリア型のゲーゲンプレスはクロップ監督がドルトムントで使っていたものになります。
選手を密集させることでそのエリアにいる相手選手に対して、圧力をかけ続けることで余裕をなくし、ボールを奪い取ってしまいます。

ボールホルダー型と似ているように思えますが、違いは自分たちでボール奪うことができるエリアに誘導する、デザインされたゲーゲンプレスだということです。
 

メリット:相手の自由を奪える
エリアを制圧すれば、相手選手のプレーの選択肢を限りなく少なくすることができます。
そのため、他の型よりボール奪取できる可能性が高いです。
 

デメリット:数的不利なエリアができる
マークを捨てて相手選手のいるエリアにプレスをかけにいくので、別のエリアで数的不利の状況が作られてしまいます。
 

パスカット型

パスカット型のゲーゲンプレスはグアルディオラ監督がバルセロナで使っていたものになります。
ボールを奪われた瞬間に各選手が相手のパスコースを塞ぐ、もしくはあえて空けたうえでボール奪取を狙えるポジションを取ります。
このようにして相手が空いていると錯覚したコースにパスを出させ、最終的にボールを奪い取ってしまいます。

メリットとデメリットは以下の通りです。
 

メリット:体力の消費が少ない
ポジショニングによって相手の選択肢を消すゲーゲンプレスのため、体力を使いすぎずにボール奪取することができます。
 

デメリット:相手選手が見えない
パスコースを消す対象となる相手選手は自らの背後に位置することになります。
そのため、適切なポジショニングができないと容易にパスを通され、ピンチになってしまいます。
 

ゲーゲンプレスを理解して観戦を楽しもう

ゲーゲンプレスの意味と4つの型、メリット・デメリットを理解できたら実際の試合を観てみましょう。
おすすめはリヴァプールの試合を観ること。
クロップ監督が率いるリヴァプールは、ゲーゲンプレスを使うチームとして有名です。
ぜひ実際のゲーゲンプレスを見て、サッカーの奥深さを楽しんでくださいね。

現代サッカーの戦術をもっと知りたい方は、「【必見】サッカーの戦術用語12選!現代サッカーを語る上で欠かせない用語を徹底解説」をご覧ください。

今回はこれで以上となります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-戦術
-

執筆者:

関連記事

フォアチェック、リトリートとは?【守備戦術】

フォアチェック、リトリートとは?メリットとデメリット、それぞれの守備戦術を使っているチームについて解説します。

【動画付き】カウンターサッカーとは?メリット・デメリットを解説

カウンターサッカーとは?カウンターサッカーのメリット・デメリットや代表的なチームも解説しています。

【必見】サッカーの戦術用語12選!現代サッカーを語る上で欠かせない用語を徹底解説

現代サッカーを理解するための戦術用語12選を紹介!

【サッカー用語】バイタルエリアとは?崩し方と守り方をそれぞれ解説!

サッカーのバイタルエリアとは?バイタルエリアの重要性や崩し方、守り方について実際のプレー動画を用いて解説しています。

【戦術用語】現代サッカーのトレンド、ストーミングとは?

ストーミングとは?ストーミングを実現する戦術とストーミングの実例についても解説しています。

サイドバー広告

プロフィール


Nishi

横浜F・マリノスの大学生サポーターです。Jリーグやプレミアリーグをよく観戦しています。マリノスの情報や戦術に関すること、選手紹介記事などを執筆しています。
 

お問い合わせはこちら >
Twitterはこちら >