マリノス

【新たなWG】ロマリーニョがマリノス加入か?プレースタイルや特徴を解説!

投稿日:2021年3月28日 更新日:

フォルタレーザに所属するロマリーニョがマリノスに移籍すると噂になっています。

「ロマリーニョってどんな選手?」
「プレー集を見たい!」
「マリノスはなぜ獲得した?」

本記事では、このような方に向けてロマリーニョについて紹介していきます。


 

それではさっそく見ていきましょう。
 

ロマリーニョってどんな選手?

Embed from Getty Images

基本情報

  • 本名:José Romário Silva de Souza
  • 国籍:ブラジル
  • 年齢:27歳(1994年5月1日)
  • 身長:168cm
  • 体重:66kg
  • 利き足:右
  • ポジション:LWG(ST, RWG)

20/21シーズンはセリエA(ブラジルリーグ)34試合に出場し、4ゴールを記録。
数字としては物足りなさがありますが、フォルタレーザ全体で34ゴールだったことを考えるとそこそこ点は取っているでしょうか。
 

経歴

ロマリーニョは2013年にABCでキャリアをスタート。
2014年にグローボに移籍後、ABC、アメリカFC、フルミネンセ、フォルタレーザへとローン移籍を繰り返し、2019年にフォルタレーザへ完全移籍しました。
全てブラジルのチームなので、マリノスに移籍すれば海外初挑戦となります。
 

移籍金

フォルタレーザとの契約は2022年7月31日までなので、ロマリーニョの獲得には移籍金が発生します。
マリノスは1.5億円を支払って保有権の50%を取得すると言われていますが、フォルタレーザは保有権を保持し続けたい姿勢を示し、さらにマリノスからの放出に伴う移籍金の30%を要求しているようです。
 

ロマリーニョのプレー集・特徴

ロマリーニョのプレー集


 

ロマリーニョの特徴

プレー集を見ると、ロマリーニョには

  • 高いテクニックを持つ
  • 推進力がある
  • スルーパスが上手

という3つの特徴があることがわかります。
 

高いテクニックを持つ

ロマリーニョは様々な場面でテクニックの高さを発揮しています。
得意とするドリブルの細かさはもちろん、難しいボールをトラップする技術もあります。
また、内側にポジションを取った時に見せる素早いターンも見事ですね。

 

推進力がある

細かいドリブルだけでなく、前に蹴り出して相手を置き去りにするドリブルも特徴的です。
強いフィジカルとそこそこあるスピードが推進力を生んでいます。
マテウスと似ているという声が挙がっていたのは、この特徴が一致しているからでしょう。
 

スルーパスが上手

ロマリーニョは、良いタイミングで味方の選手を使うことができます。
これは、ドリブル中にしっかりと顔を上げて周りを確認することができているからです。
プレー集でもスルーパスから何度も好機を演出していますね。


 

ロマリーニョ獲得についての考察

ロマリーニョはエウベルと似ている?

プレー集、特徴を見て「ロマリーニョとエウベルのプレースタイルは似ていない?」と思った方がいるかもしれません。
筆者もわずかな細かい部分で違いはあるものの、基本的にロマリーニョとエウベルは似ていると考えています。

こちらはあくまでSofaScoreの基準での両選手の評価ですが、形を見てもある程度特徴が一致していることがわかるはずです。
それでは、なぜマリノスはロマリーニョの獲得を目指しているのでしょうか。
 

マリノスがロマリーニョを獲得する理由

マリノスがロマリーニョを獲得する理由は

  • 過密日程の中で質を保ちたい
  • 補強すべきポイントが他にない

の2つであると考えています。
 

過密日程の中で質を保ちたい

ロマリーニョが起用されるであろうLWGで主に出場しているのはエウベルですね。
そして、セカンドチョイスは樺山だと思いますが、ここに問題があります。

もしエウベルが怪我などで離脱してしまった場合、基本的に樺山が先発出場することになるでしょう。
もちろん樺山は非常に高いポテンシャルを持っていますが、エウベルの質を担保できるほどの才能はまだ開花していません。
昨季感じた通り、マリノスのサッカーをする上でWGの質の高さは重要です。

このようなチーム状況下で今季も過密日程で試合が続くことを考えると、エウベル級の選手がもう1人必要なのは明らかです。
 

補強すべきポイントが他にない

こちらは今季のマリノスの主な出場メンバーと配置の図です。(SBや中盤は複数の選択肢があるので適当に当てはめています。)
これを見ると、LWG以外のポジションは基本的に質を保てる選手が控えており、補強の必要性があまりないことがわかるはずです。

また、トップ下はマルコスが離脱すると質が下がる可能性はありますが、そのような場合はロマリーニョとエウベルの片方がトップ下に入ることも想定していると思います。
 

続報に期待しましょう

獲得が噂されているロマリーニョについて取り上げていきました。
マリノスは好調の波に乗り始めているので、新加入選手たちによるチーム力の底上げに期待したいですね。

今回はこれで以上となります。
最後までご覧いただきありがとうございました。


 

参考記事

-マリノス
-,

執筆者:

関連記事

【マリノスまとめ】シーズン終了。キャプテンたちの偉大な記録。

12/13~12/19のマリノスについてTwitterで配信していた情報をまとめました。きだと扇原の偉大な記録、オナイウ阿道の覚醒、ルーキー松田詠太郎の奮闘について取り上げています。

【考察】マリノスのWGは外に開きすぎ?ヒートマップから見えてくる「斜め」の重要性

マリノスのWGは外に開きすぎている?2021年のマリノスのWGには斜めの動きが求められる?ヒートマップからわかるマリノスと欧州トップレベルのWGの動きの違いを解説!

帰ってきた4-3-3。偽SBと守備システムの変更を解説。【J1第33節 名古屋グランパス戦】

復活した偽サイドバック、新たな守備システムについて解説します。

【投票企画】2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールを決めよう!

2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールを決める投票企画です。全69得点の中から筆者がセレクトした10得点の動画と選出理由を紹介しています

【快速WG】南拓都ってどんな選手?50mを5秒台で走るアタッカーに期待!

2021年にマリノスに加入したMF南拓都ってどんな選手?基本情報、プレー集、特徴などを調査しました。

サイドバー広告

プロフィール

Nishi

横浜F・マリノスの大学生サポーターです。Jリーグやプレミアリーグをよく観戦しています。マリノスの情報や戦術に関すること、選手紹介記事などを執筆しています。
お問い合わせはこちら >
Twitterはこちら >