マリノス

【結果発表】2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールが決定!

投稿日:

12月29日から31日にかけて、開催していた2020年ベストゴール投票企画。
多くの方に拡散していただいたおかげで、69件の回答を得ることができました。
皆様のご協力に感謝します。

本記事では、3位から1位までのゴールと回答者の選出理由を抜粋して紹介していきます!
10個のベストゴール候補から頂点に輝いたのは、どのゴールでしょうか?
 

2020年ベストゴール候補

結果発表に入る前にベストゴール候補を紹介します。

  • ①マルコス ジュニオール(8/1 仙台戦)
  • ②ジュニオール サントス(8/19 清水戦)
  • ③エリキ(8/26 札幌戦)
  • ④仲川 輝人(8/29 神戸戦)
  • ⑤オナイウ 阿道(9/16 清水戦)
  • ⑥エリキ(9/16 清水戦)
  • ⑦エリキ(9/19 鳥栖戦)
  • ⑧エジガル ジュニオ(10/4 神戸戦)
  • ⑨松原 健(10/10 大分戦)
  • ⑩水沼 宏太(11/3 鹿島戦)

ベストゴール候補の動画を確認したい方は、「【投票企画】2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールを決めよう!」をご覧ください。

それでは、結果を発表していきます。
まずは、3位から!

第3位:マルコス ジュニオール(8/1 仙台戦)

マルコス ジュニオールの後半アディショナルタイム劇的弾が3位にランクイン!
全69票のうち、9票を獲得しました。
 

コメント

「・試合終盤でも単に前に入れる事はせず
→終盤なのでパワープレーもいいが、クリアされマイボールの時間が減る確率も高い
・繋ぎながら最後までチャンスを伺う組み立て
→ザ・ボスサッカー、ブレない姿勢
・クロスに対しニアに飛び込む選手(大津選手でしたか?)
→クリアも簡単でないためボールが中央へ
・マルコスのポジショニングとふかさない技術⚽️
→最高
というゴール手前からのシーンを含め、マリノスのサッカーが凝縮されていたなと思い、投票しました!」
「崩せなかった試合でマリノスの特徴でもあるサイドからの攻撃でゴールを奪えたことが一番印象に残りました。
後はニアで潰れる大津兄貴のプレーもすべてはマリノスのためにを表しているものだと思いました。」

終盤でも単純にロングボールを入れるだけでなく、しっかり組み立てながら攻めるマリノスらしい攻撃でしたね。
筆者はマルコスのシュート技術とドラマ性を考えてこのゴールを候補に入れましたが、さすが大津選手というニアで潰れるプレーも素晴らしいです。
 

第2位:ジュニオール サントス(8/19 清水戦)

マリノスサポーターに衝撃を与えたジュニオールサントスのマリノス初ゴールが2位にランクイン!
全69票のうち、10票を獲得しました。
 

コメント

「新加入初っぱなの衝撃、戦術関係なく個で単独突破の衝撃、競ってくるDFをちぎり倒していく衝撃。」
「レイソル在籍時の評価が低かった為加入時は少し心配だったが、このゴールでサポーターの信頼を掴み取ったと思うから。ジュニサンにしかできないプレーだから!」

マリノスのアタッカーは小さい選手が多いので、このゴールのようにゴリゴリとボールを運び、パワフルなシュートを放つプレーはまさにジュニにしかできないプレーですね。
プレーの衝撃だけでなく、過小評価されていた中での素晴らしい初ゴールだったので、多くの方の記憶に残ったようです。
 

第1位:松原 健(10/10 大分戦)

2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールは、古巣、大分トリニータ戦で松原健が放ったスーパーボレー!
全69票のうち、19票を獲得しました。
圧倒的です。笑
松原選手、おめでとうございます。

コメント

「あそこで力まず打てたことと、コースとシュートの質が素晴らし過ぎたと思います。あと引いた相手にああいったシュート1本決まるだけで試合を動かせたのが良かったです‼︎」
「どれも素晴らしいのですが、マツケンの気持ちを考えるとこれが一番感動したゴール」

完璧なコースとシュートの質。
そして、難しい時間帯で取れたという点を考えてもベストゴールにふさわしいゴールですね。

また、この試合は自身の怪我からの復帰戦でもありましたが、危険なタックルで柏レイソルの戸嶋選手を怪我させてしまい、SNSで誹謗中傷の言葉を多く受けた直後の試合でもありました。
松原は柏戦後に直接謝罪し、戸嶋選手の素晴らしい対応のおかげで精神的に立ち直ることができたそうです。
この神対応がなければ、松原のゴールが生まれなかったでしょう。
戸嶋選手に感謝すると同時に、1日も早い回復を心から祈っています。

(参考:【横浜FM】サポーターからの励ましに感謝。松原健「自分のパワーになりました」

ベストゴールは松原健のゴラッソ!2位以下は接戦

ということで、

  • 第1位:松原 健(10/10 大分戦)
  • 第2位:ジュニオール サントス(8/19 清水戦)
  • 第3位:マルコス ジュニオール(8/1 仙台戦)

という結果になりました。

その他の結果についても気になる方がいると思うので、それぞれの得票数を公開します。

  • 松原 健(10/10 大分戦):19票
  • ジュニオール サントス(8/19 清水戦):10票
  • マルコス ジュニオール(8/1 仙台戦):9票
  • 仲川 輝人(8/29 神戸戦):8票
  • エリキ(9/19 鳥栖戦):7票
  • エジガル ジュニオ(10/4 神戸戦):7票
  • オナイウ 阿道(9/16 清水戦):4票
  • 水沼 宏太(11/3 鹿島戦):3票
  • エリキ(9/16 清水戦):1票
  • エリキ(8/23 広島戦):1票

得票数から分かる通り、2位から5位までは接戦でした。
そして、候補内全てのゴールに票が入っています。
どのゴールも素晴らしかったということですね。

 

気になったコメントを抜粋

惜しくもランクインしなかったゴールについても、良いコメントを抜粋して紹介します。
 

第4位:仲川 輝人(8/29 神戸戦)

「個人的には、これぞマリノスの点の取り方だからです。(複数人での崩し、ハーフスペース攻略、グランダークロス)」
「関わった全員の意思が合った得点。低いクロスでしっかり決めた。ここまで美しい得点はなかなか見れないと思うのでこれにしました。」

 

第5位:エリキ(9/19 鳥栖戦)

「鮮やかなピンポイントロングフィールドからのゴール!来年は生でこの形を見たい期待も込めて」

 

第7位:オナイウ 阿道(9/16 清水戦)

「高速クロスに合わせた阿道のストライカーとしての嗅覚と巧さ」

 

第9位:エリキ(9/16 清水戦)

「オナイウのポストプレー、動き直し、アシスト。2019年とは違うチーム得点の形が明確に見えた得点。」

 

他にも多くの方にコメントをいただきました。
回答&コメントのご協力ありがとうございました。
 

2021年はマリノスの年に

2020年は無冠に終わってしまったマリノスですが、新加入選手のフィット、新たな攻撃の形など収穫も多いシーズンだったと思います。
そして、2021年は去年の積み上げをしっかりと見せつける年にしたいですね。
ということで、今年も気合を入れて応援していきましょう!

 
来季のマリノスに関する記事はこちら

今回はこれで以上となります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-マリノス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【厳選】マリノス仲川が復帰!今季の好プレー3選

マリノス仲川がついに復帰!今季の好プレー3選を紹介。また、仲川の復帰がもたらす変化と湘南ベルマーレ戦でのプレーを解説します。

【Jリーグ開幕戦プレビュー】川崎フロンターレvs横浜F・マリノス

2021年Jリーグ開幕戦、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスのプレビューです。スタメン予想、4つの局面、その他見どころについて解説しています。

【マリノスまとめ】ついにACL日程が決定!選手の移籍も…

10月のマリノスについてTwitterで配信していた情報をまとめました。ACL日程、選手の移籍、意外なデータについて取り上げています。

【マリノスまとめ】シーズン終了。キャプテンたちの偉大な記録。

12/13~12/19のマリノスについてTwitterで配信していた情報をまとめました。きだと扇原の偉大な記録、オナイウ阿道の覚醒、ルーキー松田詠太郎の奮闘について取り上げています。

【投票企画】2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールを決めよう!

2020年マリノスのリーグ戦ベストゴールを決める投票企画です。全69得点の中から筆者がセレクトした10得点の動画と選出理由を紹介しています

サイドバー広告

プロフィール


Nishi

横浜F・マリノスの大学生サポーターです。Jリーグやプレミアリーグをよく観戦しています。マリノスの情報や戦術に関すること、選手紹介記事などを執筆しています。
 

お問い合わせはこちら >
Twitterはこちら >